TOP  蓄電池 × HEMS

事業内容Menu
太陽光発電に関するトラブル解決いたします。
ソーラーシェアリング。農業×発電で収益化。
太陽光発電の増設、過積載も対応します。
太陽光発電付きカーポートお取扱いございます。
太陽光発電×蓄電池。売電から自家消費。
エネルギーに対するコスト削減のご提案。
効率的にエネルギーマネジメントを。
蓄電池とHEMS

蓄電システム

太陽光発電との相性もよく、効率的にエネルギーを運用できるので、ゼロエネルギーハウス(ZEH)の中枢を担う一つとなり、これから普及が進んでいくものと考えられます。売電から電気の自給自足や、電気代の節約をサポートします。

創・蓄・省をトータルマネジメント

蓄電池

創エネ・蓄エネ・省エネをトータルで管理。太陽光発電で電気をつくり、蓄電池に電気を貯めて、住まいの電気をかしこく使います。

蓄電システムを使った節電と節約

夜貯めた電気を使って、節約。

電気料金が安く、電力消費の少ない夜間に電力を充電し、貯まった電力を昼間活用することで、電力需要の抑制に貢献できますし、電気料金の割高な時間帯に電力会社から電気を買わずに済むため、電気代の節約に繋がります。

蓄電池と太陽光発電を連携して、さらにおトクに。

太陽光発電と連携して、余った電力を蓄電システムに充電。
貯めた電力を使うことで毎日の電気代を節約できます。

蓄電池がもたらす安心と安全

停電時は、貯めた電力でバックアップ。

停電時には、非常用電源として重要機器の稼働に役立ちます。

クリーンエネルギーにも一役

太陽光発電と組み合わせれば、自家発電に加え、電力の蓄えにもなるので、環境にやさしいスマートな生活を送ることができ、脱原発の貢献にも繋がります。

お問い合わせはコチラ
page top

蓄電システムの使用パターン

蓄電システムにはいくつかの運転モードがあります。メーカーごとに可能な運転モードが異なりますので、詳しくは各メーカーのウェブなどをご覧ください。

※弊社でご提案できる蓄電システムの取扱いメーカーはこちらです。
※蓄電システムの取扱いメーカーは、住宅用太陽光発電システムと変わりません。

シングル発電型(押上効果なし)

深夜の割安な電力を使って蓄電池への充電を行い、太陽光発電の発電が始まるまでは放電して電力を賄いますが、発電(売電)が始まると放電を止めて日中は太陽光発電で発電した電力を賄います。
この場合、売電価格は変わりません。

シングル発電

ダブル発電型(押上効果あり)

深夜の割安な電力を使って蓄電池への充電を行い、太陽光発電の発電が始まるとほぼ同時に放電を開始して日中の電力を賄うため、太陽光発電で賄っていた分の電力も売れるようになり、売電量を増やすことができます(これを押し上げ効果といいます)。
しかし、売電量を増やすことはできますが、ダブル発電の方の場合は売電価格が下がるため(※)相対的にメリットになるとは限らないので注意が必要です。

※太陽光発電容量が3kW以下で売電量が多くないと感じている方にオススメです。

ダブル発電

電力自給自足型

深夜の割安な電力や日中の太陽光発電の余剰電力で蓄電池に充電を行い、太陽光発電が発電できない夜間の電力を蓄電池で賄うことで、電力会社からの買電を極力なくす方法です。

※環境や省エネ推進を最優先に考えている方にオススメです。

自給自足型

蓄電優先型

自然放電などで電池残量が減ると充電を開始して、蓄電池を常にフル充電にさせておき、充電が終わると待機状態になります。非常時に備えた運転モードです。

お問い合わせはコチラ
page top

HEMS

HEMSとは?

HEMSとは「Home Energy Management System(ホームエネルギーマネジメントシステム)の頭文字をとったもので、家庭のエネルギーを管理するシステムのことです。数年後には、くらしに欠かせない設備となるHEMS。エネルギーを見える化するだけでなく、家電、電気設備を最適に制御するという重要な役割を果たします。

HEMS導入のメリット

HEMSを導入すると、住まいのエネルギーが「見える化」になり、電気使用量などがお手持ちのPCやスマホ、タブレットからいつでも見られるようになります。数値として見えることにより、省エネ意識が高まり、節電に対する姿勢がより積極的になると考えられます。

HEMSにできること

例えば、エアコンや照明などのリモコンやスイッチで操作していた機器が、自動制御機能を使うことで、「設定した使用量に達したら電源を切る」、「設定した時間から段階的に照明を落とす」といったことが可能になります。
また、メーカーによっては外出先から遠隔操作もできるので、「夏場の帰宅時に前もってエアコンの電源を入れて部屋を涼しくしておく」、「帰宅したらすぐにお風呂に入れるように遠隔操作でお湯はりを行う」なども可能になってきます。

お問い合わせはコチラ
page top

ご依頼からお引き渡しまでの基本的な流れ

下図は、ご依頼からお引き渡しまでの基本的な流れとなります。ご参考ください。

業務の流れ
お問い合わせはコチラ
page top